”ありのままの自分”に憧れていませんか?

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

フラクタル心理学講師 鈴木知子です。






「ありのままの自分が認められない」


それはある意味正解とも言えますね。


ありのままの自分とは一体どういうことを言うのでしょうか。


ありのままの自分とは、

自由に好きなことをさせて欲しい

思ったことは遠慮なしに口にしたい

やりたくないことはしたくない

ガマンなんてしたくない


具体的に言葉にするとこんな感じかもしれませんね。


これって子どもと同じではないでしょうか。


子どもは自分本位なので親にわがままを言いますね。


でも成長とともに

自分本位でわがままだと親に叱られるようになります。


すると抑圧された、ガマンさせられたと感じるようになります。


でも親はかわいい我が子が

社会に出てまわりの人たちと良い信頼関係を築き

しあわせになって欲しいと願うから厳しく言ってくれたのですね。


それが大人になっても分からないと

ありのままの自分に憧れてしまうのだと思います。


ありのままの自分でいたら

たぶん今頃嫌われていたかもしれませんね。


だから素の自分が出せなくてもOKなのです。


ありのままの自分でいなかった自分をしっかりと褒めましょう。


そして傷ついたインナーチャイルドを解放してあげましょう。


そしらたありのままの自分をバランスよく出せるようになります。


いつでも、どこでも、だれにでも

ありのままの自分を出そうとするのが×なのです。


大人の社会で生きている現在、

ルールをわきまえなくてはいけませんね。


ありのままの自分を出せなかった自分を

存分に褒めてあげましょう!


ありのままの自分を出さなかったあなたは、

きっとまわりから信頼されている今があるのではないでしょうか。


「自分を知る、曖昧なルールを整える、平等とは何かを知る」

こんなことが分かるとブレない自分を手に入れられることでしょう。


お茶会、体験会にぜひご参加くださいね。








フラクタル心理学受講中のことをお話しております。

ご覧くださいね。











メルマガ登録はこちら


毎月開催のイベント情報や講座のご案内をいたします。

 

スペシャル特典もメルマガでお伝えいたします。






毎月、お茶会や体験会、ミニワークなどを開催しております。 ご興味がある方は こちらをチェック!




【カウンセリング・ラボ】 いつでもどこでも、

お好きな時にご利用いただける 電話相談サービスがスタートいたしました。 心にひっかかるものを今すぐ

軽くしたいという時に便利です。

プロのカウンセラーがあなたのお悩みをていねいに伺います。 安心してご相談くださいね。 (カウンセラーナンバー10にて待機しております) https://counseling-labo.com/


・カウンセリング前の不安解消

・日程調整について

直接お話したい方におススメです。 ※通話料のご負担をお願いいたします


お悩みやご相談などでも対応いたします。

                    お気軽にお問い合わせください。

                    お申込みフォーム

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示