インナーチャイルドの三つ特徴

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

フラクタル心理学講師 鈴木知子です。




インナーチャイルドという言葉を聞いたことがある方は 多いかもしれません。 インナーチャイルドとは”傷ついた内なる子ども”という認識をしている方も

多いと思います。


そうですね、確かに傷ついたのです。


それは「正しくものごとを認識できなかったから」 なのです。


インナーチャイルドとは幼い頃の自分のことをいいますが、

それは6歳までのことをいいます。


6歳というと、

世の中のこと、親のこと、社会のしくみなどを

理解していないということは今の自分であれば分かるでしょう。


その6歳までの自分の認識でものごとを捉えて、

「善・悪、快・不快」を決めていたのです。


思い違い、勘違いが生じやすいということも

今の自分であれば理解することも難しくないと思います。


でも幼い頃の出来事を話すときには、

いつのまにか6歳までの自分に戻ってしまっているのです。


そこから抜け出さないと

大人の社会で生きている現在がストレスだらけになるということは

想像できるでしょう。


かつてインナーチャイルドの説明を知りたくて

検索したことがあります。


それを読んでいてとても暗い気分になりました。


どんよりとした気分は正直、気分のいいものではありませんでした。


子どもの頃のネガティブな感情に引っ張られ、

それは未来を創造するほうにベクトルが向かないように感じました。


自分が崩壊する・・

そんな恐ろしさを覚えました。


これからの心理学は

「問題を解決する+豊かな未来を創造する」

ということが求められるのだと思います。


過去に引っ張られ、

自分を哀れ悲しむという自己憐憫をしていては

霧の中から抜け出すことができませんね。


インナーチャイルドを癒すことはとても大事なことですが、

それはパワフルな自分だということをしっかりと認識するためのものです。


インナーチャイルドの特徴をしっかりと認識し、

過去に引っ張られないようにしましょうね。



<インナーチャイルドの特徴>

1.「今」しか分からない  長期的スパンでものごとを捉えない

 例・・「今」お菓子が食べたい。もうすぐご飯だということが分からない


2.他人のことが全く見えていない

 相手がどう気持ちで言っているのかが分からない


3.知恵が少ない

 体験が少ない(未熟さの特徴)


初めから大人で生まれてくる人はいません。

誰もが「子ども」という時を経て大人になるのです。


だからみんな同じなのです.

自分だけが特別ではありませんので、安心してくださいね。


霧から抜け出したいと思う一歩が自分を変えます。

私自身がそうでした。


絶望的な未来しかないと思っていたのは、

心がインナーチャイルドのままだったからです。


しかし今は夢を叶え、充実した毎日を送っております。


自分を変える一歩をふみ出しましょう。






毎月、お茶会や体験会、ミニワークなどを開催しております。 ご興味がある方は こちらをチェック!






【カウンセリング・ラボ】 いつでもどこでも、

お好きな時にご利用いただける 電話相談サービスがスタートいたしました。 心にひっかかるものを今すぐ

軽くしたいという時に便利です。

プロのカウンセラーがあなたのお悩みをていねいに伺います。 安心してご相談くださいね。 (カウンセラーナンバー10にて待機しております) https://counseling-labo.com/



・講座の詳細のご質問

・カウンセリング前の不安解消

・日程調整について

直接お話したい方におススメです。


お悩みやご相談などでも対応いたします。

                    お気軽にお問い合わせください。

                    お申込みフォーム

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

父の日