思考が現実化する世界とは・・/自分が変えたい時にいつでも変えられるということ

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

フラクタル心理学講師 鈴木知子です。





フラクタル心理学は現象学をベースにした心理学とお伝えしておりますが、

「一般の心理学と何が違うの?」と思う方もいるかと思います。


フラクタル心理学は

相談者の出来事(現象)から思考を読み解くということをします。


・(相談者から見た)相手に愛がある

・外側に悪者がいない

・その出来事(相談内容)にメリットがある

・相談者の方を”かわいそうな人”というレッテルをはらない


相談者のお話をお伺いするときにこんなスタンスでいます。


相談者が見えていないもの、気づいていないものをお伝えすることもあります。


つらい時や悲しい時、腹を立てている時は特に、

視野を広げて見ることが出来なくなっていることが多いのですね。


心理学では「投影」という、「人は自分の鏡だよ」というように言います。


フラクタル心理学でも「投影」という考えがありますが、

心理学でいう「投影」とは違った意味を持っています。


「直接五感で感じたものが現実だ」とフラクタル心理学では考えますので、

まわりの人を直接五感で感じている時には存在するとしますが、

直接五感で感じていない時には存在しないと考えます。


では、同僚や家族の存在はどこに行ったの?

と思いますよね。


それは、自分の頭の中にいるということなのです。


フラクタル心理学では、

「思考が現実化する」という理論があるので、

その頭の中の思考が現実をつくるのです。


頭の中で「家族はいる、同僚はいる」と思考しているので、

実際にまた会えるのです。





つまり、

自分の思考が現実をつくっているのだから、

自分がそのつらいと思う現実を変えたければ

いつでも変えることが出来るのです。


自分にすべての決定権があるのです。


タイミングを待たなくていい

環境が整うことを待たなくていい

相手が変わってくれることを待たなくていい

ということです。


相談者を「かわいそうな人」と見ない理由はここにあります。


かわいそうな人とは、非力な人と認定すること。


そんな失礼なことはしません。


未来をつくって行けるパワフルな人だと信じてお話を伺います。


同情して欲しいという方には、

フラクタル心理カウンセリングは不向きかもしれませんね(;^_^A


自分としっかりと向き合い、 成長したいという方にはとても有効なカウンセリングとなります。 相談者のそんな姿は生き生きとしてかっこいいと思います。

私がパワーを与えてもらっています。


そして私自身もさらに成長して行こうと思います。


現象(今の環境・出来事)を変えたいのであれば、

フラクタル心理カウンセリングをご活用くださいね。


しょうがないことだとか、

これって当たり前でしょとか

思っていることが変えられるのです。


自分の思考が現実をつくっているとしたら、

あなたは何を変え、どんな未来を創造しますか(^^)/


体験会(オンライン無料)や、

初めての方はお得に受けられるものをございます。






"カウンセリングのご感想"

カウンセリングメニュー&料金





フラクタル心理学受講中のことをお話しております。

ご覧くださいね。















メルマガ登録はこちら


毎月開催のイベント情報や講座のご案内をいたします。

 

スペシャル特典もメルマガでお伝えいたします。






毎月、お茶会や体験会、ミニワークなどを開催しております。 ご興味がある方は こちらをチェック!




【カウンセリング・ラボ】 いつでもどこでも、

お好きな時にご利用いただける 電話相談サービスがスタートいたしました。 心にひっかかるものを今すぐ

軽くしたいという時に便利です。

プロのカウンセラーがあなたのお悩みをていねいに伺います。 安心してご相談くださいね。 (カウンセラーナンバー10にて待機しております) https://counseling-labo.com/


・講座の詳細のご質問

・カウンセリング前の不安解消

・日程調整について

直接お話したい方におススメです。


お悩みやご相談などでも対応いたします。

                    お気軽にお問い合わせください。

                    お申込みフォーム

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示